スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴衣の娘

15022543801_e76dd11d64_z.jpg
浴衣の娘
カブト被ってます、ちゃんとした名前思いついていない
2014年の春くらい
14838948790_1975f5514a_z.jpg
背中
割れなしなのである
展開図
蛇腹倦怠期を抜けるきっかけになったかもしれないやつ
別になにがあったってわけでもなく久しぶりにやってみたら面白いことができたってだけ
大分昔に首の長い妖怪ろくろっくびを創作しようと思ったときに浴衣とか割れなしのアイデアを考えていたときがあって、そのときは長い首をどうするか考えあぐねて結局完成しなかったんだけど、それをたまたま発掘して長い首用の領域をカブトに回したって感じ
このころはまだ面にでる蛇腹の格子の折り筋をつけないように努力しだす前で、ガッツリ折り筋が入っちゃってる
でもそれが浴衣の模様っぽいって言ってくれる人もいて、そうゆう表現もあるんだなぁといったところ
どうせ見えないのに脚を付け根から丸々だしてる、つまりそうゆうこと

『大学折紙サークルネットワーク』というのがoristの初代の方々のお声がけで発足したのがちょうど同じころで第1回目のイベントが開催されし候
そのイベント内でコンテストが行われ創作部門で同率一位に選ばれたのがコレだったりする
スポンサーサイト

マンボウ

14091944527_cc30e180a6_z.jpg
マンボウ
展開図
2014年の春くらい
蛇腹じゃない!
とはいえ45°しか現れない
スクエアさんの『折紙作家の頭の仲 マンボウ折ろうよ』を見せていただいたときにマンボウを折ろうよっていう話になり、そのときにあらかた形ができたもの
この動画は面白いんで見るといいと思います
動画内でマンボウの創作をしているんですが、3種類違ったアプローチでやっていて、それと違った方法でやろうと考えてた気がします
3種類のアプローチってのは、2種類のカド配置(もっと言うと蛇腹と22.5°系?)と鶴の基本形からの創作
そのカド配置はどっちも胴体を紙の角からだそうっていうもので、じゃあ胴体を紙の真ん中から出そうっていう単純な発想
後から考えるとロバートJラング?ジョンモントロール??とかがやってたし新規性はないっぽい
まあ、あれは穏やかな印象のマンボウにしてはガミガミした感じの造形であんま好きでなかったし、よりマンボウっぽいのができたんじゃないかな~と勝手に思っているわけですがいかがでしょう
マンボウに対する印象なんて国によって違うのかもしれませんが
どうでもいいけどマンボウの地球外生物感やばいよね
前もいったとおり蛇腹倦怠期だったこともあって、こうゆうミニマムな作品もいいなと思うきっかけになってたりもするかも
プロフィール

Author:ほんしょい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ほ~もんしゃす~
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。